【車両メンテナンス】タイミングベルト

こんにちは(‘ω’)ノ

梅雨に入り台風も次々と発生してパッとしない天気が続いてますね(´;ω;`)

さて今回は弊社ドライバーさんのハイゼット(冷凍車)のタイミングベルトの交換をしました。

基本タイミングベルトは10万㎞が交換の目安になっていますね。

今回は超えてしまっていたので早急に交換!!

 

名前からして分かるようにタイミングを合わせるためのベルトなので、もし切れてしまったら大惨事が起こります笑

もちろん交換時も慎重にやらないとエンジンがかからなくなってしまいます。

 

新品のタイミングベルトとテンショナープーリー

 

そしてタイミングベルトをやるなら基本的に一緒にやるウォーターポンプ

お水のポンプ=冷却水を回す為のポンプですね。

なぜ一緒にやるのか…

それはタイミングベルトを外さないとウォーターポンプが取れないから(´;ω;`)

でもやっとかないと壊れればオーバーヒートをおこしちゃいますねΣ(・ω・ノ)ノ!

無事に交換終了です!!

 

今の車はほとんどタイミングチェーンに変わってきてますね。

チェーンは基本交換不要となっていますがオイル交換をきちっとしてないとダメになります。チェーンが切れなくてもスプロケット(チェーンにかんでるギア)が削れてチェーンが空転してエンジン故障した車を見たことがあります。

日頃のメンテナンスが大事です(`・ω・´)ゞ

また自分が乗っている車がタイミングベルトなのかタイミングチェーンなのかを把握しておくことも大事ですね。

これは本当に大事…

実は弊社で使っていた車で昔タイミングベルトが切れたことがあります(´;ω;`)

その理由は…タイミングベルトだと知らなったから…

 

ダイハツハイゼットのこの顔の車

このタイプはエンジンがEFのとKFとがあり途中からKFエンジンに変わっています。

そしてEFエンジンがタイミングベルトでKFエンジンがタイミングチェーンになっています。

同じ顔なのに…(-_-;)

弊社にあった数台のハイゼットの中に1台だけEFエンジンがありタイミングベルトだと気付かずに使っていて切れてしまいました(;´Д`)

 

なので確認しておくことは大事ですね。

長くなりましたが日々のメンテナンスや定期点検は車を使って仕事をする場合非常に大事ですね。

しっかり整備されている車で日々の仕事に取り組むことは安心感も在りますしお客様に対しての信用にもつながります。

弊社でも車のメンテナンス関係をしっかりして日々の仕事に取り組んでいきたいと思います。

配送依頼・ドライバー応募はこちら

簡単フォーム入力